早めにうつの診断を受けよう|過剰なストレスに対して無防備な状態

ウーマン

精神的な病について

カウンセリング

どんな種類がある

うつ病は大きく2種類に分けることが出来ます。それはうつ病性障害と双極性障害です。この二種類のどちらかであるかによって治療法などが異なるため、適切に診断される必要があります。うつ病性障害は一般的に想像される精神疾患の代表的な症例です。気分が沈み込んだり、塞ぎ込んだりする状態が続く症状が発生します。どんな人でも気分が落ち込むことはあり、それが精神疾患であるというわけではありませんが、数週間に渡って気分が落ち込んだままという場合は精神的な病である可能性もあります。また、本来ならば喜べるようなことが起こっても全く楽しくないという場合は何らかの精神疾患にかかっているかもしれません。辛いことがあってもしばらくして回復したり、辛い中でも嬉しいことは喜べたりするという場合は精神疾患でない可能性が高くなります。ここが診断のポイントです。双極性障害では辛い抑うつ状態と気持ちがハイになる躁状態を繰り返す症状が現れます。躁状態が存在することが診断においては大きなポイントとなります。ただし、躁状態を通常の気持ちの高まりと判断されてしまうと精神疾患であることに気づかれないという自体になる恐れもあります。不自然なくらい元気な場合は躁状態である可能性が高いと言えます。躁状態での行動や発言などを抑うつ状態で悔やむというケースもあり、放っておくと症状が悪化してしまう恐れもあるので治療が必要となります。いずれにしても一過性の気分の落ち込みであるか、断続的に続いているのかという点が診断では見極められます。うつ病の診断は基本的に心療内科などで実施されます。これは診断の際には発言の内容だけでなく、声色や表情も重要となるからです。正確な判断をしてもらいたいのであればやはり対面で診療してもらうのがおすすめです。しかし、中にはそこまで症状が重くないので心療内科に行こうか悩んでいるという方もおられるかもしれません。そういった方はまずインターネット上などで出来るうつ病診断を試してみることをお勧めします。インターネット上の各ホームページでは精神的な疾患かどうかをチェックできるような質問が用意されています。もちろん、心療内科などでの診断に比べると精度は低くなりますが、それでも自分の状態を確かめる上で有用です。病院に行こうか決めかねているという方にもおすすめです。1つのホームページ上だけでチェックするのではなく、複数の診断を受けることで精度は高くなります。インターネット上でのチェックはお手軽ではありますが、確実なものではないことにも注意が必要です。結果がどうであっても実際に確かめたいのであればやはり心療内科などで診察を受けることをお勧めします。というのも心の病は人それぞれ違います。一般的に精神疾患に該当しない特徴のある症状が出ていても、それが性疾患ではないと断言することはできません。クリニックでは患者さんの様子を詳しくチェックできるので精度の高い判断が可能となります。昨今では心療内科を訪れる方の数が増えており、世間的にも精神疾患が理解されるようになってきました。精神的な悩みを抱えている方は一度心療内科に相談してみるのも1つの手段です。