早めにうつの診断を受けよう|過剰なストレスに対して無防備な状態

ウーマン

病院と医師選びが大切です

男性

外的要因も影響します

うつ病と診断される患者の数は年々増加しています。倦怠感や疲労感、理由のはっきりしない不安感が2週間以上続く様なら心の病を患っている可能性があります。うつ病になる人は責任感が強く、真面目な人が多い傾向にあります。職場や周囲の人に迷惑をかけたくないという気持ちから重症化してしまうケースも少なくないです。日常生活での小さな変化に周囲の人が気付いてあげる事が重要です。うつ病の原因は様々な原因が絡み合って発症する病気なので、適切な診断と根本的な治療ができる医療機関に相談する事が先決となります。心の病を扱うのは精神科や心療内科です。うつ病は完治できるまでの期間に個人差があり、人によっては数年かかる場合もあります。良い病院と信頼できる医師を見つけるには、いくつかのポイントがあります。まず処方する薬についての説明がきちんとなされているかが問題です。この病気は従来の大うつ病性障害だけでなく、躁状態を含む双極性障害である場合もあります。様々な薬を同時に服用する必要があり、その副作用が問題になる場があります。めまいやふらつき、眠気等を強く感じる事で日常生活に支障をきたす場合は薬の量を減らしたり変えたりする必要があります。短期間で完治させる為には、医師との円滑なミュ二ケーションは不可欠です。治療期間中に体調や気分の変化について親身に尋ねてくれる医師なら安心です。そして心の病は医師との相性が治療効果に大きく影響する事があります。話し方や考え方だけでなく、その人の持つ雰囲気が高い治療効果を生みだす事もあります。何年も治療を続けているのに回復の兆候がみられない人は治療施設を変えてみるのも1つの方法です。うつ病の原因として考えられているのが脳内神経伝達物質のバランスです。モノアミン類であるセロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンは心と身体に多くの影響を及ぼす物質の1つです。これ等が減少する事で様々な不快な症状を引き起こします。この脳内神経伝達物質の減少を食い止めるのが抗うつ剤です。再取り込みを阻害して症状を緩和させる事が期待できます。SSRIやSNRI、NASSAは比較的副作用の少ない薬として広く利用されています。そしてこの病気は職場環境やライフスタイル等による外的要因で発症する場合もあります。そこで問題となるのがストレスです。気が付かない内に溜め込んでいる場合があり、ストレス耐性が低下していると心身共に負担となります。過剰なストレスは心の病だけででなく、生活習慣病等を招く原因にもなります。そしてこの様な病状を引き起こしやすい気質もあります。循環気質や執着気質といった人は、まじめで几帳面な性格である一方、融通の利かない不器用な面も持ち合わせています。自分の性格を分析しておく事で治療効果を高められるだけでなく、予防効果も期待する事ができます。そしてうつ病の診断を受けた人は必ず家族や周囲の人に知らせ、協力してもらう事が大切です。勇気づけたり励ましたりする行為は避け、十分な休養が取れる様に配慮してあげる事が大切です。そして診断を受けた人の中には不規則な生活を続けている人がいます。眠りと食事は健康の基本です。朝の陽射しを浴びる事でメラトニンがリセットされます。夜になれば質の良い睡眠を得られる様になるので、うつ病の治療にも良い影響が期待できます。