早めにうつの診断を受けよう|過剰なストレスに対して無防備な状態

男性
聴診器

心と体の症状を改善

うつ病を診断してもらう為には精神科や心療内科に行く必要があります。病院に通うことで早期に症状を改善することが出来るでしょう。病院を選ぶ際はこちらの話をしっかり聞いてくれるところがおすすめです。ぜひ安心して通院出来る病院を見つけましょう。

もっと見る

男性

病院と医師選びが大切です

うつ病は的確な診断ができる医師による治療を受ければ、治す事ができる病気です。そして治療の効果を高める為にも生活習慣の見直しやストレスを溜め難い環境づくりも必要です。自分の性格や気質を分析すれば、予防効果も期待できます。

もっと見る

カウンセリング

精神的な病について

一般的には一括りにされがちなうつ病も大別することが出来ます。うつ病の種類を知ることは治療においてはもちろん、当人にとっても重要なことです。自分が精神疾患にかかっているかもしれないと感じた時は心療内科などで診断を受けることをお勧めします。

もっと見る

心の病は増えています

病院

相談してみる事が大切です

うつ病は増加傾向にあり、今後も増えていく可能性が高い精神疾患の1つです。この病気が治り難いとされる理由は他の病気よりも原因が特定し難く、症状が人によって違うという点です。医師による診断が確定するまで長い期間苦しむ事になります。うつ病は仕事や家庭等の環境的な要因や他の病気や体質により生じる身体的な要因が複雑に絡み合いながら症状があらわれてきます。いづれにしてもストレスが大きく関係している事が明らかです。現代はインターネットの普及により必要な情報が瞬時に得られる便利な環境で暮らす事ができます。しかしその反面、大量の不要な情報が目や耳から入り込んでくる事で、気が付かない内にストレス耐性が低下している場合があります。過剰なストレスに対して無防備な状態で過ごしていると心を病んでしまう可能性が高くなるので注意が必要です。うつ病の特徴として多いのが気分の落ち込みや漠然とした不安感です。人によっては睡眠障害や摂食障害を伴う場合もあります。2週間以上体調が良くないと感じたら、できるだけ早く専門医による診察を受ける事が必要です。心の病は一般的に精神科や心療内科で治療します。うつ病は統合失調症等や強迫性障害等と同様に精神疾患に分類されます。一方、環境による影響で緊張性頭痛や胃炎等の身体的な疾患が生じているのが心身症です。心身症は心療内科での治療となります。どちらも心因性である点では共通していますが、治療方法が異なります。心の病について素人が判断するのはリスクを伴います。専門医による診断を受けた上での適切な治療が必要です。医療機関を選ぶ際に迷ってしまった場合は内科医に相談するのも良い方法です。他の病気による影響も含めた総合的な判断をしてくれます。心の病に対する偏った見方をする人が多い時代では、病院へ足を運ぶのにも勇気が必要です。しかし今やうつ病は誰もが患う可能性がある風邪の様な存在です。気軽に精神科を利用する人が増えています。初期の段階で治療を開始する事で社会復帰までの期間が大幅に短縮されます。早い人では数週間で完治できるケースも少なくないです。しかし対応が遅れると何年も病院に通う事が必要になる場合があります。人によっては完治した様に見えても再び症状が出てくる事があります。何となく心の状態が良くないという程度でも気軽に専門医による診察を受ける事でうつ病を未然に防ぐ事ができる場合があります。診断には自覚できる症状だけではなく、経験豊富な専門医にしか見つけられない症状も考慮されます。駅前や繁華街の中でメンタルクリ二ックの看板を見つける事がありますが、殆どが明るくて入りやすい雰囲気になっています。心と体の健康維持の為にも日頃からメンタルクリ二ックを利用するのが得策です。そしてうつ病と診断された人への治療は一般的に抗うつ剤等による薬物療法と心理療法が行われます。薬物療法についてはめまいやふらつき、吐き気等の副作用に苦しみ続けるという印象があります。その様な強い副作用が生じる薬を中心に使用していたのは過去の話です。SSRIやSNRIといった新しいタイプの抗うつ剤の多くは副作用をあまり感じずに高い効果を発揮します。症状に応じて量や組み合わせを変えるので、個々に応じた治療が可能です。仕事や日常生活への影響を最小限に抑えられるのがメリットです。